ダシで食らう大阪のうどん
2017.03.17


先日、日経新聞の食ナビに、「ダシで食らう大阪のうどん」なる記事が掲載されていた。そこで紹介されていたのが、心斎橋にある明治26年創業の「うさみ亭マツバヤ」という店の元祖きつねうどんだ。何を隠そう、知る人ぞ知る、きつねうどん発祥の店らしい。そしてその伝統の味を守る老舗だ。心斎橋に寄る機会があったので、早速食べに行ってきた。

大阪は江戸時代に天下の台所として全国から昆布やカツオ節等の食材を集め、独自にだし文化を発展させたらしい。6年間関東にいて思ったが、大阪は本当にダシへの拘りが強いし、実際美味しい。関東人はダシへの拘りはほぼ聞かないし、私が大阪人であるのも大きいと思うが、そんなに美味しいと思ったこともない。

大阪のうどんは大阪人に合わせ、ダシで食べるという点がポイントらしい。まぁぶっちゃけ讃岐うどんに比べたら麺自体はいたって普通やけど、とにかくダシが美味しく、ダシを飲みながらいただきたい一品だ。そして、なんか昔食べたことのある懐かしい味がした。どこで食べたかは定かでないが、食べた事のある味だ。最近は大阪でも讃岐うどんに押されて、昔ながらの大阪のうどん店は少なくなっているらしい。

ちなみにきつねうどん一杯で580円だ。心斎橋駅から徒歩約7分で、心斎橋筋から1本東寄りにある。心斎橋に立ち寄った際は、ぜひ訪れてみたい名店だ。




▼店の外観


▼「元祖」きつねうどんの看板がある。


▼店内の様子。昔ながらの雰囲気だ。


▼もちろんダシは飽きることなく最後まで飲み干した。ごちそうさまでした!
コメント一覧
コメント投稿

名前

URL

メッセージ

- CafeNote -