大台ヶ原
2017.08.20


転職し、学生以来のお盆休みに大台ヶ原に行ってきた。大台ヶ原は奈良と三重の県境に位置し、日本最大・世界有数の年間降水量を誇ることで有名な観光スポットだ。標高は1,600m以上で、関西でもっともキレイな星見スポットとも言われている。

学生の頃に星を見に行ったことがあったけど、そこは日本最大の年間降水量。そう簡単に星を見れるわけもなく、また見に行く人も少ない隠れたスポットだ。でも晴れたらヤバイらしい。

学生のころに星を見にあちこちの山を登ってきた。でも星を見にいくだけで、夜行って朝に帰ってくるパターン。その時間に開いてるのはせいぜい電気の切れた公衆トイレと自販機くらいで、そこになにがあるのがほぼ知らない状態だった。関東から大阪に戻ってきて、最近は星見スポットに昼間に行ってみよう!みたいな感じであちこち出かけている。

改めて昼間に行ってみると、湿地帯による自然がすごい。地面や岩、木の至る所に苔が生え、他にはない自然が広がっている。また霧でモヤモヤしていて、それが逆に森林浴してます感がすごい。実際は18.5℃と寒すぎて、ハイキングコースに片足をツッコんで帰ってきただけだけど、その短時間だけでもなかなか堪能できた。今度はちゃんと長袖を用意して、ハイキングコースを1周したいと思う。

▼上北山村公式ホームページ | 観光情報
http://vill.kamikitayama.nara.jp/kanko/tanoshimu/odaigahara/

▼大台ヶ原。駐車場はかなり広く、星を見るのにも最適だ。











▼ハイキングに片足ツッコんで帰ってきた。湿地帯らしく苔が沢山ある。またモヤモヤしていて、森林浴をしている感がとにかくすごい。
















▼これだけ苔を見たのは銀閣寺以来かもしれない。笑。



















▼小処温泉。大台ヶ原の近くにある、携帯の電波も圏外な秘境の温泉。露天風呂からはこの川が見れる。









▼大滝ダム。大台ヶ原に行く道中にあり、結構デカイ。





2017.08.20 08:00 | この記事のURL | 日記 | コメント (0)
コメント一覧
コメント投稿

名前

URL

メッセージ

- CafeNote -