アヴェンタドールSV
2017.04.29
2ヶ月間のプー太郎生活も終了し、4月より大阪にて再就職した。家も大阪市内に引越した。9回目の引越しはもう手慣れたものやけど、今回は寮じゃなくてはじめて自分で探したからちょっと新鮮やった。

さて、愛車を車検に出してきた。そしたらそのショップにただならぬオーラを放つ1台が。世界限定500台のランボルギーニ アヴェンタドールSVロードスター!!

ハンパない!限定車でプレミアム価値がつき、新車より中古の方が値がついてるらしい。ちなみにお値段は家2軒分。Σ(゚Д゚)

音も痺れるサウンドで、見るだけでお腹いっぱいやった。良い物見せてもらってありがとうございます!(^^♪
ちなみに短期間だけらしいけど、エブリン大阪店に展示中なのでぜひ!



































2017.04.29 11:32 | この記事のURL | | コメント (0)
大阪赤レンガのクラシックカー
2017.03.04
最近知ったけど、大阪にも築港に赤レンガがあったらしい。大正時代に住友倉庫として建設され、現在はクラシックカーのミュージアムとして2015年にオープンしたらしい。で行ってきた。

その名もGLION MUSEUM。倉庫内は当時のレンガをそのままに今風にリノベーションされ、大阪にいることを忘れさせてしまうほど良い大人の空間だ。中には1905年式のエンジン車をはじめ、100台ほどクラシックカーが並んでいる。1台見ただけでも貴重な車が、100台も並んでいるのは圧巻だ。しかもどれも実際に今でも走り、そして販売もしているらしい。

東京にもなかなかこの規模は珍しいだろう。接客も一流ホテル並に上品だ。レストランやカフェも併設されているし、関西の車好きはぜひ足を運んでみたい。



▼当時の倉庫をそのままに利用している。下に禁煙の文字も。「たばこのむな」の注意書きや、消火バケツ入れも残っており、当時の雰囲気が残る。




▼あたかもそのへんに路駐しているかのように、各所に車が置かれている。さりげなくて自然だけど、このハコスカは2千万円で売られている。




▼ミュージアムに入ってすぐに20年台もんの車が。車だけでなく、その周辺の小道具の演出もかなりいい。




▼T型フォード。ベルトコンベアーで大量生産され、日本にも数多く入ってきた車ではあるが、これだけ並ぶと圧巻だ。セダン、オープン、ピックアップ等、各モデルが並んでいる。






▼これが一番古いエンジン車。馬車にエンジン乗せただけの車。今でも走るらしい。ちなみに右に写っているのが、1800年台の馬車。



▼倉庫内は別の時間が流れているようで、めちゃくちゃ雰囲気がいい。





▼ロールス・ロイスもズラリ。


▼1935年式 BMW 315/4 Cabriolet. 今も昔もブレない、安定の直列6気筒エンジンとキドニーグリル。ちなみに国内1台のみらしい。



▼幻の名車と言われているトヨタ2000GTが2台も。


▼ハコスカもズラリ。





▼ベントレーも。ちなみにこの車はカーナビとレーダー探知機が付いてた。古くても前オーナーが実用的に使っていたのだろう。



▼GT-Rコーナー。


▼初代フェアレディZ。


▼カフェのランチセット。
2017.03.04 03:59 | この記事のURL | | コメント (0)

- CafeNote -