御殿場の晴天率
2017.12.13
今から5年前、半年だけ静岡県の御殿場市に住んでいた。富士山と箱根山の麓に位置し、一番くぼみの部分である御殿場駅で標高約450mになる。当時の私は、中心部から富士山を登っていった標高約520mの所に住んでいた。御殿場に住んでいたと言えば、星がキレイそうでええやんとよく言われる。5合目の御殿場口は、星見スポットとしても有名だ。しかし、市内の晴天率はかなり悪い。

御殿場市街は富士山と箱根山の窪みに位置するので、そこで空気が停滞して動かないのだ。1年を通してほぼ無風だ。下の写真を見て欲しい。どちらも箱根側から撮影したものだけど、晴れているのに御殿場市の上空だけ雲が浮かんでいる。しかも風がほとんどないため、動かずにずっと停滞しているのだ。市内から見上げれば、曇り空だ。

▼乙女峠から撮影(2017年)


▼三国峠から撮影(2012年)



特に梅雨の時期は恐ろしく、湿度80%を切らない日が続き、道路も霧で視界が20、30mしかないこともザラだ。信号も見えないので、前の車がブレーキを踏めばその先は赤信号だろう的なレベルだ。除湿機は必需品で、洗濯物の外干しなど2日経っても乾かない。

そんな中晴れて撮影できた、富士山と御殿場市街の天体写真だ。あまり星が写って無くて失敗作だけど、その後晴れなかったので撮り直せていない。



こちらは当時の自宅から撮影したオリオン座だ。晴れればめちゃくちゃキレイに見える。ただ肉眼で分かるレベルで透明度は低い。



もちろん同じ御殿場市でも、5合目まで登れば全然違ってくる。ただ、空が暗ければ星が見えるというものでもないことを、御殿場に住んでつくづく感じた。個人的に、富士山周辺で星を見るなら富士宮口で見たい。
今年最大と最小の満月
2017.12.04


12月4日は今年最大の満月、俗に言うスーパームーンだ。逆に今年最小の満月は6月9日だった。この2つを並べて比較してみた。

月の公転軌道は楕円形のため、地心距離は一定ではなく、見かけ上の大きさが変化する。そのため遠地点と近地点とでは、見かけ上の大きさが異なって見える。肉眼では違いになかなか気づかないが、このように比較してみると視直径の違いがよく分かる。これだけ違うのに、肉眼ではよく分からないのは逆に不思議だ。

ちなみに俗に言うスーパームーンは、明確な定義はなく、学術用語でもないらしい。「スーパームーンとストロベリームーンの共演!」とか言いたいところやけど、使用は程々に、と言ったところだろうか。
関西の光害
2017.12.01



ホームページの「関西の星見スポット」で公開している「関西の光害」の衛生写真を更新した。上画像がそれだ。以前のからNASAの衛星写真自体が更新されている他、スポットも増えている。

上画像の表示のさせ方は、こちらからGoogle Earth KMZ Documentをダウンロードし、Google Earthで開くと関西の星見スポットが表示されるようになる。



光害の表示のさせ方は、Google Earthのレイヤにて、下記をチェックすると表示される。
「ギャラリー → NASA → 衛星画像 → Earth 街の明かり」



ちなみに関西以外の地域も下に並べてみた。やはり関東は明るい。そして名古屋周辺も明るい。やはり3大都市周辺は明るいのがよく分かる。

▼関東はやはりめちゃくちゃ明るい。星を見る環境とは遠い。



▼長野は宇宙県と言われるだけに、このあたりはやはり暗い。名古屋周辺は結構明るい。



▼四国、中国地方はいい感じ。



▼九州。



▼東北。



▼北海道。
2017.12.01 08:15 | この記事のURL | 情報 | コメント (0)

- CafeNote -