天体写真の一般化
2017.03.16


ここ数年で、天体写真の敷居がだいぶ下がったように思う。デジタル一眼レフカメラが年々高性能化しているからだ。以前はデジタル一眼レフは庶民の手の届かない高値の花だった。ようやく買える値段に下がっても、ノイズや熱かぶりはひどく、ライブビューも時限爆弾のように短時間しか使用できなかった。それが今では入門機で全てカバー出来てしまうからだ。

ここに来て天文ファンだけでなく、一般の写真家が天体写真を撮影する例が増えているように思う。私の知り合いの写真好きにも、天文に興味はさほどないのに天体写真を撮りはじめた人がいる。一般のカメラ雑誌のフォトコンでも天体写真が増えているし、天体写真特集なんかもある。しかもその特集の内容は、天体写真を撮影する人はまだまだ少ないから、フォトコンを狙えるチャンスであると。そう来たか!というのが率直な感想だ。

とは言え、天体写真としてのクオリティはもちろん天文雑誌のフォトコンの方が断然上だ。天体の撮影の仕方はもちろん、星座の位置や星の動きを熟知した天文ファンの方が断然軍配が上がるだろう。ところが写真としての魅せ方は、一般のフォトコンはまた別の次元にあるように感じる。

天文ファンが撮る天体写真の場合、多くは星空がメインである。天体写真だから当たり前だろう。そう思うのは私がかねてからの天文ファンだからだろうか?写真のアスペクト比である一般的な3:2の構図で、3の方を星空に配分する例は多いだろう。まぁアスペクト比は他にも4:3や16:9等があるが、いずれにしても星空の配分がメインだろう。しかし上雑誌のように、星空をメインでなく背景に撮影している例が一般の写真家には結構あるように思うのだ。特集の題にもある通り「星のある風景を撮る」で、あくまで風景が主役なのだ。星空を除けばアスペクト比通りなのだろうけど、ただのワンポイントだったり、天体写真と言いつつ配分が少なかったりする。(上写真は1:1のアスペクト比だろう)

今までは天体写真を撮る敷居が高かった分、こういった撮り方をする人は少なかったように思うが、手軽になった今では抵抗が少なくなってしまったのだろうか?せっかく星空を撮影するのなら、星空をメインにした方よいのでは?と思ってしまう私はやはり天文ファンだからだろうか?とは言え写真として魅せ方はやはり一般の写真家の方が、構図等クオリティが高いと思うことが私は多々ある。

天文ファンと一般の写真家のクオリティの是非はひとまず置き、天文ファン以外にも天体写真が浸透してきているのは事実だろう。そしてカメラの進化と共に、この波は今後も進むと思う。天文ファンや科学的な視点からはツッコミを入れたい部分があったり出て来るかもしれないけど、目を向けずにはいられなくなって来そうな気がする。天体写真が手軽になった分、撮影技術だけでなく構図等アイデアを膨らませなければ対等できない時代に突入しているのかもしれない。まぁそーゆー私は人の事を言う前に、まず自分の腕を磨かないといけないが。(´-﹏-`;)
6年ぶりの空中庭園観望会
2017.03.13
3月11日(土)に梅田スカイビルの「空中庭園☆星空CLUB」に協力してきた。大阪にいた学生以来6年ぶりの協力でかなり久々だった。初回から協力していて、当時は年に4回ほどの開催だったけど、今では毎月開催しているからすごい。

空中庭園は前から韓国人、中国人観光客が多かった。今はインバウンドでさらに増えて、半分以上外国人ちゃうかってくらい多くなっている。何語で喋りかけたらいいのか分かれへんようになってる。笑。その分来場者数もかなり増えてるから、多くのお客さんに見てもらえるのは嬉しい反響だ。一方で躊躇なく望遠鏡を触って動かしてしまう人が多いため、そのあたりの対策も必要だと感じた。

観望会では月、金星、M42、シリウス等を見てもらえた。梅田とは言え41階は直接的な光がなくて意外と星がよく見える。梅田からでもC11やとM42の輪郭や濃淡まで見れるのは自分でもビックリした。

大阪にずっと置きっぱなしで6年間冬眠状態だったC11だけど、戻ってきたのを機にまたボチボチ活躍を増やしていきたいと思っている。今後の情報は「いくやくの星空 Twitter」をご覧頂きたい。

寒い中来場してくださったお客様、スタッフのみなさん、お疲れ様でした!






▼沈む夕日を見ながら望遠鏡をスタンバイ。


▼明石海峡大橋も見えた。


▼観望会の様子。








▼どんな仕組みになってるんかよく分からんかったけど、ライトアップされた看板。暗闇ではこれが目立っていい感じだった。


▼大阪の夜景。この6年でだいぶ高層タワーが増えた気がする。ここだけ見たら大阪も東京のように見えてくる。




▼日本経済新聞2016年12月16日(金)夕刊。
観望会が新聞に掲載されるほど話題になっている。
大阪赤レンガのクラシックカー
2017.03.04
最近知ったけど、大阪にも築港に赤レンガがあったらしい。大正時代に住友倉庫として建設され、現在はクラシックカーのミュージアムとして2015年にオープンしたらしい。で行ってきた。

その名もGLION MUSEUM。倉庫内は当時のレンガをそのままに今風にリノベーションされ、大阪にいることを忘れさせてしまうほど良い大人の空間だ。中には1905年式のエンジン車をはじめ、100台ほどクラシックカーが並んでいる。1台見ただけでも貴重な車が、100台も並んでいるのは圧巻だ。しかもどれも実際に今でも走り、そして販売もしているらしい。

東京にもなかなかこの規模は珍しいだろう。接客も一流ホテル並に上品だ。レストランやカフェも併設されているし、関西の車好きはぜひ足を運んでみたい。



▼当時の倉庫をそのままに利用している。下に禁煙の文字も。「たばこのむな」の注意書きや、消火バケツ入れも残っており、当時の雰囲気が残る。




▼あたかもそのへんに路駐しているかのように、各所に車が置かれている。さりげなくて自然だけど、このハコスカは2千万円で売られている。




▼ミュージアムに入ってすぐに20年台もんの車が。車だけでなく、その周辺の小道具の演出もかなりいい。




▼T型フォード。ベルトコンベアーで大量生産され、日本にも数多く入ってきた車ではあるが、これだけ並ぶと圧巻だ。セダン、オープン、ピックアップ等、各モデルが並んでいる。






▼これが一番古いエンジン車。馬車にエンジン乗せただけの車。今でも走るらしい。ちなみに右に写っているのが、1800年台の馬車。



▼倉庫内は別の時間が流れているようで、めちゃくちゃ雰囲気がいい。





▼ロールス・ロイスもズラリ。


▼1935年式 BMW 315/4 Cabriolet. 今も昔もブレない、安定の直列6気筒エンジンとキドニーグリル。ちなみに国内1台のみらしい。



▼幻の名車と言われているトヨタ2000GTが2台も。


▼ハコスカもズラリ。





▼ベントレーも。ちなみにこの車はカーナビとレーダー探知機が付いてた。古くても前オーナーが実用的に使っていたのだろう。



▼GT-Rコーナー。


▼初代フェアレディZ。


▼カフェのランチセット。
2017.03.04 03:59 | この記事のURL | | コメント (0)

- CafeNote -